成田市交通事故治療ブログ

スタッフブログ

スタッフブログ

交通事故の加害者となってしまったら|成田市

皆様こんにちは!
成田市交通事故治療・むちうち.comです。
9月に入り、ほんの少し暑さが和らいだ気もいたします。
これから一年で最も過ごしやすい季節「秋」に
入っていきますね。
「秋」は気候も良いことから、
様々なイベント、レジャーなどもありますので
「秋」を楽しみながら、
自動車事故に気をつけながら、
過ごしていきたいですね。

さて、本日の成田市交通事故治療・むちうち.comでは
突然の交通事故に遭ってしまい、
加害者の立場となってしまった場合の
対応についてお話しをさせて頂きたいと思います。

自動車運転をする限り、誰しもが
交通事故に遭う可能性があります。
そして、少なからず加害者となってしまう場合もあるのです。

事故後は、まず負傷された方がいた場合には
まず行わなければならないことは、
ケガ人の救護です。
もし、勝手な判断でケガの程度を
「軽度」と判断してその場を離れてしまった場合には
ひき逃げ同様に罰則の対象となる場合もあります。
必ず負傷の確認、救護を行いましょう。

次に事故車両を路肩に移動できる場合には移動させます。
その際には、後続の車両には十分にお気をつけください。
二次災害となる可能性もあります。
そして発煙筒停止表示器材を置き
交通事故の発生を知らせます。

そして警察への連絡です。
誰が、いつ、どのように、どこで事故に遭ってしまったか
ケガをしてしまった場合には、どの程度のケガなのかも伝えます。
その際に、破損してしまったガードレールや
施設などがあった場合には、同時に伝えましょう。

そしてお相手の方との連絡先の交換も忘れずに行いましょう。
その際に、住所、勤務先、自賠責保険、任意保険の加入状況
も確認をしておきましょう。

出来たら行いたいのが目撃者の確保です。
事故発生当時、その事故を目撃した人がいなかったか
もしいたのなら、その方の連絡先
今後、証言をしてもらえるかの確認も行えたら行います。

そして忘れてはならないのが
事故の場所、衝突した場所、事故車両のなどの
状況証拠を写真に納めておくことです。
近年、携帯、スマートフォンが普及したことで
こういった証拠が残しやすくなりましたので
後々の判断材料となり得るので、おこないましょう。

その後、ご自身の加入している保険会社様へ連絡するのですが
こういった事故が発生した時の為に
ほとんどの保険会社様が、対応のマニュアル
事故のサポートダイヤルなどが設けられておりますので
あらかじめ、連絡先を登録しておくこともいざという時の為に、
良いかもしれませんね。

そして、交通事故証明書をもらい、
保険会社様と今後の事故対応の相談へとうつっていきます。

被害者様へのお見舞いですが、
誠意をお伝えするために
伺いましょう。
その際には、示談交渉について進めたりすることは避けましょう。

その後、示談・調停・裁判などで
事故の解決へと向かって進んでいきます。

成田市交通事故治療・むちうち.com

成田市にある店舗のご案内
TOPへ戻る

メディア紹介

ひよこクラブ

「産後骨盤矯正」が得意な当グループの記事が掲載されました。


交通事故対応マニュアル

全国の整骨院で交通事故優良実施院として43000院を抑え選ばれた47院!


週刊文春

交通事故治療において「優良施術院」に選ばれ記事が掲載されました。